“今よりもちょっと楽しく”をテーマにした働き方案内所がオープンしました

こんにちは!VACANCY GIRLの大森です!
先日キックオフを迎えた「働き方考えNight」コワーキングスペースVACANCY OFFICEに総勢20名以上の参加者が集結し、大盛り上がりを見せました!

今回はイベントの様子と、そもそも働き方考えNightとは何なのか、お伝えしていきます!

1.働き方考えNightとは?
「働く」をちょっと楽しくするために、 多様な働き方を知ったり、今の働き方やライフスタイルを見直してみたりする、どなたでもフラッとご参加いただけるイベントです!
ゲストは、 "普通だけど、なんだか楽しそうな人" "楽しむための一歩を踏み出した人" どこにでもいそうで誰にでもなれそうで、けれど、すごく人生を楽しんでいる。 そんな人がどんな仕事をして、どんなライフスタイルを送っているのか、楽しく働く秘訣や、その働き方に至ったストーリーをお届けします。
交流会では、参加者や主催者、ゲスト関係なしに、みんなで「働く」を考え、このイベントを通じて、ちょっとでもライフスタイルが豊かになれば、という想いで開催することになりました。

2.働き方考えNightの様子
会場はVACANCY OFFICE GOTANDA
ゆるくて暖かいコワーキングスペースです。花金の夜にもかかわらず、社会人や学生等、様々なバックグラウンドを持った20名弱の方々にお集まりいただきました。
ご参加された理由を伺うと、 働き方を見直したかった、他の人がどんな働き方をしているのか知りたかった、人との繋がりが欲しかった等々、様々でした。
なんとお子さんを連れてきてくださった方も…! 可愛すぎて癒されました…。

3.ゲストトーク
今回は、 VACANCYオーナーの小山さん、秀逸な会社のゆるふわ会社員である池田さん、プロフリーランサーの姫野さんにご登壇いただきました!
その中で、小山さんのお話をピックアップしてお伝えします。
小山さんからは、モチベーショングラフをもとにご自身の人生遍歴を面白おかしく語ってくださいました。
無名の大学からバイト先のご縁で卒業と同時にアメリカで働くことになったそうで。
右も左も分からない中、がむしゃらに頑張っていたそうです。 帰国後は、IT系の専門商社を渡り歩く中で、何か事業がやりたいなと考えました。 そんな中、「コワーキングの時代が来そうだ!」という理由で、 空きテナントを活用するかたちでコワーキングスペースを起業したとのこと。
テナントは賃貸契約を結ぶのではなく空きテナントを活用するための業務委託契約を結ぶことで、必要経費を最小限におさえることができたのではじめやすかったそうです。
その他にも、千葉県勝浦市で廃校活用の活動をしたりとアクティブな小山さん。そんな小山さんのポリシーは「くねくね生きる」です。 つまり、時代時代に合わせて楽しそうなことを見つけて、柔軟に選択しながら生きるということ。
お話を伺っていて、 こだわりを持ってその道一筋で生きる人生もかっこいいけれど、肩の力を抜いて「楽しい」と感じるものに一生懸命になる人生もまたかっこいいなと思いました。

ゲストトークの後は、お酒を飲みながら交流会をしました。
働き方に関する真面目なお話からプライベートなことまで、様々なぶっちゃけトークで盛り上がりました!

4.最後に
イベントに参加した後で、何か大きな変化はなかったかもしれません。けれど、こういう働き方・生き方をしている人がいるということや、”働く"を楽しんでいる人の考え方、少しの工夫を知ることができました。
自分の人生にも落とし込んでみて、イベント参加前よりも、ちょっぴり楽しい人生を送れるようになったのではないかなと思います。
私は色々考えすぎたり、こうでなければならないとがんじがらめになって苦しくなることがあるのですが、 小山さんの「くねくね生きる」を参考にもっと柔軟に考えていこうと思えました!
後は将来を考えることも大事だけれど、今やっていることに一生懸命になることも大事だなと感じました。

そんな働き方考えNight、次回は4/6(金)19:30〜開催します!
ゲストは、
「イケメンパラレルワーク会社員」
「楽しみながら働く大手金融マン」
「様々な事業を行う口の立つ経営者」
のお三方です。
私も運営として当日参加させていただくので、ぜひお会いしましょう。 “働く"みなさんの明日が今よりもちょっと楽しくなりますように。
ありがとうございました!

Related posts

Leave a Comment


*