VACANCYガール, インタビュー, コワーキング

2017/06/15

会員さんご紹介シリーズ【篠原さん編】

みなさまこんにちは。
本日も会員さまイジリ…もとい会員さまインタビューいきますよ~

今回はIT会社社長 篠原さん!

驚異のスキニーボディ!!

インタビュー前日に無茶ぶり依頼したところ、快く引き受けてくださいました!
さあー篠原さんよろしくお願いします!
篠原さん(以下敬称略):
ホワイトボード書いていい?

えっ、
あ、もちろんいいですけど
篠原:3つの項目からつくってみようか。
(いきいきとホワイトボードに向かう篠原さん)

ということで今回はいつものインタビュー会話形式ではなく授業形式でお話伺いました。新しい…

篠原:まずはプロフィールかな

項目1 プロフィール
エンジニア専門派遣会社 社長

①東京と山梨の2拠点に派遣している。登録エンジニアは約100名。本社は新宿。

②エンジニアの仕事内容は、大手企業が使用するソフトの開発が主。

③篠原さん個人について
   茨城出身で18で上京。…

のん:大学では何を勉強されていたんですか?

篠原:たいして何も…(笑) ロン毛で陸サーファーしてました(笑)
(当時の写真)

のん:うわあぁチャラい!!こんな陸サーファーがどうやってIT社長に変身を遂げたのですか?

篠原:田舎者にありがちな憧れの横浜に絞って手当たり次第受けていたらたまたまコンピュータ会社に就職することになって。
でもそこで派遣プログラマーのほうが稼げるって聞いて3年で退社して。その後派遣仲間たちと会社を立ち上げました。

のん:あれ、VACANCYのご利用はどのタイミングで始められたんですかね?

篠原:会社を立ち上げたのちに… あ、じゃあそれは次の項目で


 

項目2 コワーキングを使う理由

①そもそもはその当時まだ珍しかった「コワーキング」というものを聞いて始めて知り、興味本位で。

のん:そうだ!VACANCYは五反田のコワーキングスペースの先駆けだったんですよね!

篠原:そうそう、当時自社は横浜にあったんだけど、

②都内にいたほうが効率よくフットワーク軽く動けるし、顧客にも来てもらいやすいという利点。

それにコワーキングを使って営業している会社っていうのが最先端だったかも。
そしてもちろん

③自然と人脈が増える。同業、他業種関わらず。

のん:ふむ、なるほど。では新宿に本社がある今もVACANCYを利用してくださっている理由は?
 

項目3 VACANCYの良さ

①小山さんの人柄

篠原:まず第一にそれだよね。なんだかんだ週一くらいの頻度では五反田にきてますね。
ぶっちゃけ、
スナック小山 なんだよね(笑)

のん:(笑)!言い得てます!!

あとは

②交流の場が多い

篠原:スナックの話じゃないけど、狭い飲み屋のカウンターて隣同士仲良くなったりするじゃない?
その感覚があるよね、VACANCYには。
コワーキングで仕事しているひとって孤独な作業だったりするから…
ここは会員同士が交流しやすい珍しいスペースですね。

その理由として…

③空間的に落ち着く

篠原:大手のお金かけたオシャレなスペースにはない、アットホームで自然な作り手作り感があって、言うなれば
DIYコワーキング
あとコーヒーも無料だしね。嬉しいのは、何気に冷蔵庫の中に私が好きな篠原用ドリンクを用意してくれてる。
そういうところもスナックっぽいよね(笑)

篠原:この微妙なラインナップもまたいいよね(笑)
そんなわけでずっとVACANCYに来てます。

素敵な笑顔を見せてくれた篠原さん。社長らしからぬ気さくさと優しいお人柄。
今回は素敵なお授業ありがとうございました!

☟ふたりとも笑顔ひきつってるバージョン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*