VACANCYガール, コワーキング, 勝浦, 感想

2017/10/23

VACANCYガール ガーネの旅立ち

こんにちは!
VACANCYガールのガーネこと上金理紗子です!
実はわたくしガーネは、10月を持ちまして、
VACANCYガールを休業いたします!!!

いやいや入ったばっかりだろって感じですよね...すみませんm(__)m

アフリカに服を作りに行くからです!

唐突すぎて完全に意味不明ですよね、説明します。

私は今年の3月、

大学2年生の春休みにケニアにボランティアに行きました。
なぜケニアだったかというと、アフリカのthe・サバンナに行きたかったから。

なぜアフリカに行きたかったかというと、大学2年生の夏に世界一周をしていたのですが、そのときアフリカ大陸には行かずじまいだったため。

世界一周が私にとって初めての海外だったのですが、そこでいろいろな国を見て、国際協力に興味を持ちました。そして帰国後、ケニアにボランティアに行くことにしました。

ケニアでは、ビクトリア湖に浮かぶ小さな島の孤児が通う小学校でのボランティアに派遣予定だったのですが、ここでコレラが流行してしまい私を派遣することができなくなったため、急遽ほかの小学校を紹介してもらいました。

この小学校との出会いが私の人生を変えました。

水道もガスも電気もない農村でホームステイしながら暮らしていたのですが、外国人が訪れる土地ではなかったため、村の人はとても驚きましたが、私の訪問を喜んでくれました。

そしてなんと、私がボランティアをしていた小学校の名前に「Risako」という私の名前が刻まれたのです。(HopeRisakoSchool)

これがとても嬉しかったと同時に、継続的にこの学校をサポートしていくことを考えたとき、ボランティアの限界を感じました。そこでソーシャルビジネスという手段に出会いました。

そのとき「アフリカの布を使った服を作ったらいいのでは」と思いました。アフリカの布はとても鮮やかで可愛いのですが、派手なため日本人受けせず、なかなかうまく使われていないのが現状です。

私はもともと流行やファッションに興味があったため、「若者向けにもっと可愛いものが作れる」と確信し、普段から自分たちで服を作っているホストマザーやその他の現地の方と協力し、服を作ってみようと決めました。

そしてこの冬、ケニアに服を作りに行ってきます!
コンセプトは『Shibuya×Africa』で、若者向けに発信します!
帰国後、販売する予定なのでぜひぜひ、チェックしてみてください~!

いつもヘラヘラしていますが、実はこんなことを考えていたがーねです\(^o^)/笑

実は、私がVACANCYガールになったのもアフリカのイベントがきっかけなんです。たまたま参加したアフリカのイベントの会場がここ、VACANCYだったんです。

小山さんに「ここで働かない?」と言われ、即決しました。直感です。

あのとき、この選択をして本当によかったと思っています。

VACANCYのみなさんはとても優しくて、まだまだがきんちょな私にも様々なアドバイスをくださったり、とてもお世話になりました。

昨日も私の送別会、その名も「がーね祭り」してくれたんです(;_;)
ちなみにめちゃめちゃ寒かったのに、外で飲みました(笑)

 

そんな中、利用者の大山ちゃんは脱いでました。怖いです。

毎回VACANCYに来るのが楽しくて、勝浦のキャンプ&バーベキューも皆勤賞です!

勝浦めちゃくちゃいい場所なんで、またイベントがあるときは私の代わりに参加してくださいね!

VACANCYガールをやってみて、今までなかなか出会えなかった人たちと仲良くしていただけるようになりました!私はまだ大学生なので、ここの利用者のような方たちと出会う機会はなかなかありません。お話していて思ったのは、普通のハタチの女子大生と話すよりも、ここの利用者の方とお話ししているほうが楽しいということ(笑)

こんながきんちょを相手にしてくれて、本当にありがとうございました!

VACANCYがだいすきです!!!

無事にアフリカから帰ってきて、みなさんにお会いできることを楽しみにしています!

ちなみに、出勤最終日は10月25日(水)です!

本当にありがとうございました

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*